スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.019 ハイメ・アジョン 2013年01月10日 アート・デザイン トラックバック:0コメント:0



最近お気に入りの我が家の鳥モノをひとつご紹介。

以前、国立新美術館で見かけて一目で虜になってしまった、

スペインのアーティスト・デザイナー、ハイメアジョンの作品。

鳥がモチーフになった作品もいくつか作られています。

そのひとつが・・・

我が家に飾ってある、

ハイメアジョン&九谷焼とのコラボ作品の醤油差し。




まとめ1









そして、今ほしいと思っているのがこちら。

ハイメアジョン&リヤドロとのコラボ作品「The Lover」。

何故か目が♡の鳥のかぶりものを被ってアタマに鳥をのせている不思議な作品。


まとめ2






どれも、どこかユニークで不思議な世界を醸し出してるものばかり。
どこかふと、ピカソやダリ、ミロなどの個性派アーティストを排出したスペインの
芸術気質を垣間見たような気がした。



◎ハイメ・アジョン

アーティスト・デザイナーとして活躍するハイメ・アジョンは、1974年にマドリッドで生まれました。
10代の頃は、スケートボートやグラフィティ・アートに熱中し、彼独特の大胆で個性的なスタイルを確立しました。
その後、工業デザインをマドリッドとパリで学び、
1997年に「ベネトン」のコミュニケーション・リサーチ・センターである、「ファブリカ」に参画。
ベネトンの広告でも有名な写真家であり、イメージメーカーでもあるオリビエーロ・トスカーニ氏らと共に働きました。
すぐに、生徒からデザイン部門を統括するトップに抜擢され、店舗からレストラン、展覧会やグラフィックなど、
多岐に渡るプロジェクトの指揮を執りました。
8年後、デザイナーズトイや陶磁器、家具のコレクションの展覧会をロンドンのデヴィット・ギル・ギャラリーで開催し、
サーカスの影響を受けたような彼の世界観や、「地中海のデジタル・バロック」と呼ばれる創造性が大きく開花しました。
また、この展覧会はフランクフルト、バルセロナ、パリ、クアラルンプールでも開催され、好評を博しました。
これらのコレクションをきっかけに、アート、デザイン、工芸など、
様々な分野においてボーダーレスに活躍するクリエイターとして、ハイメ・アジョンの名前は広く知られることになりました。
その後、「アート・キテクト社」からバスルームコレクションを、「エスタブリッシュド&サンズ」、
「BD バルセロナ・デザイン」、「モーイ」 から家具を、「メタルアルテ」、「スワロフスキー」から照明を、
「バーンハート・デザイン」からテキスタイルを、「ハイパー・エドシック」 からシャンパンバスケットを、
「ガイア&ジーノ」 からは花瓶を、「ボーザ・チェラミケ」 からはオブジェを、
「ビザッツァ」からはタイル等を発表しています。
代表的なプロジェクトとしては、「バカラ」から壺や照明を発表し、
有名なクリスタルブランドに陶器やプラスティックの素材をミックスするという画期的な試みを行いました。
また、2006年から現在もスペインの磁器ブランド、「リヤドロ」のアートアドバイザーを務めており、
自身のコレクション「ザ・ファンタジー」を発表すると共に、
ブランドのアートディレクターとして活動しています。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://birdart.blog.fc2.com/tb.php/13-0cab260e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。