スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.022 世界の美しい鳥とMONSTER〜KLAUS HAAPANIEMI 2013年04月01日 書籍 トラックバック:0コメント:2


前記事の続きになりますが、

頂いた本は、その他に二冊ありました。

一つは、




「世界の美しい鳥」





DSC_1980.jpg


スクリーンショット04


スクリーンショット03


スクリーンショット01


スクリーンショット02-2


スクリーンショット05-2









この本の最後のあとがきに書いてある文章がとても興味深かったので、
少しかいつまんで記したいと思う。



日本やヨーロッパを含む温帯域には、アフリカや南米、東南アジアやオーストラリアに比べて、
派手な色調の鳥類は少なく、そのほとんどが地味な姿をしている。
それでも日本や西洋の絵師達は、鳥に魅了されその姿を描き続けてきた。
特に日本の絵師達は、その風景の中にかならずといっていいほど鳥を描いている。
また日本美術の伝統的な表現の一つである花鳥画においては、鳥は主役である。
ツルやワシを大きく描いた掛け軸や屏風絵は色彩に派手さななくても圧倒的な存在感のある鳥たちの姿を
絶妙な構図と筆致で表現している。
日本と比較すると、西欧の絵画にはあまり鳥が登場しない。
西洋の絵画で、例外的に鳥が登場するのは宗教画である。
たとえば、白いハトは神や精霊の象徴として登場し、
イエスや聖母マリアの頭上に輝きながら飛翔する姿がよく描かれている。
ヨーロッパで身近に見られる顔の赤い模様が特徴的なゴシキヒワもキリスト教との関係が深い。
磔刑時にイエスの頭に刺さった茨の冠の棘を抜いたため、その血を浴びて顔に赤い模様がついたとの伝説から
キリスト教では受難の象徴とされている。
そのため、幼子イエスや聖母マリアの傍らに描かれることが多い。
〜立教大学 大学院 理学研究科 上田恵介研究室 高橋雅雄




この様な分析結果を読むと、

いかに西欧の芸術が宗教(キリスト教)的観点から描かれているかがよく分かる。

対して、日本の絵師達がそういった宗教思想にとらわれることなく、

いかに想像力豊かに、自由に、ありのままの自然をうけいれ、愛でてきたがよく分かる。

それは、神道を信じて来た日本人が、仏教思想をも取り入れ、

現代に至っては、キリスト教の祝い事をも生活の中に取り入れてしまう、

柔軟さ、曖昧さを重ね合わせて考察するとまた面白い見方ができるかもしれない。













そして、もう一冊は、




「MONSTER〜KLAUS HAAPANIEMI」





DSC_1989.jpg


DSC_1992.jpg


DSC_1994.jpg


DSC_1996.jpg


DSC_1999.jpg





既に絶版となった本のようで、こちらは中古本になります。

クラウス・ハーパニエミは、以前このブログでも紹介したように(No.9 No.12

日本では、イッタラや伊勢丹のクリスマスディスプレイでお馴染みのアーティスト。

その世界観に魅せられて、以来大好きになったアーティストです。

彼が描く世界の中には鳥モチーフがとても多い!

鳥好きの私の贔屓目では決してないと思います。

それだけ、鳥はアーティストたちの創作意欲をかき立てる存在なのだと思います。



Klaus Haapaniemi

Klaus Haapaniemi - Illustration - Big Active
関連記事
スポンサーサイト

コメント

この様々な…
。。。から始まって

・・・・ しれない。

までの文章に・・・・・・・・・・・・・・・・・・心底感心しました。

伊勢丹クリスマスを思い出した~☆

  1. 2013/04/05(金) 18:30:08 |
  2. URL |
  3. nao #X3FN7IFE
  4. [ 編集 ]
わっ!
おはずかしぃ〜〜〜感心だなんてっ^^;
私もこのあとがきを読んで初めて知った鳥とアートの関係。
そういえは、日本の絵画をみていると鳥の登場する作品はとても多い。
日本の絵画に焦点を絞ってそういった作品を集めてみるのもおもしろいかもしれないですね。
ん〜〜なんだか益々、鳥とアートの関係に興味がわいてきました!
  1. 2013/04/05(金) 21:01:13 |
  2. URL |
  3. zon #hppixQaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://birdart.blog.fc2.com/tb.php/23-f0f7bf6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。